総合医学研究所 生命科学研究領域分子腫瘍研究分野Division of Molecular Oncology and Virology

JapaneseEnglish

研究室HP

分子腫瘍

遺伝子の発現と維持にかかわる分子機構と、その破たんによる疾患解明がテーマであり、特に核酸に結合して様々な代謝経路に働く因子群について、細胞あるいは複合体内局在解析から遺伝情報の発現あるいは維持にかかわる分子機構の解明を目指している。電子顕微鏡や共焦点レーザー顕微鏡、リアルタイム顕微鏡観察などの形態学的解析とともに、網羅的な遺伝子解析やタンパク質間の相互作用の解析を組み合わせて研究を進めている。

中枢神経系の自己免疫性炎症性疾患では、疾患毎にリンパ球や抗体などの攻撃因子および標的となる組織部位が異なる。当分野では、神経特異的自己抗体が介在する免疫性神経疾患を対象として、部位特異的に生じる免疫反応のトリガー、自己抗体やエフェクターリンパ球による神経組織の傷害機序、免疫反応の結果として生じるグリアや神経細胞の分子動態変化と神経症候との関連、血液脳関門に守られた脳が炎症の標的となるプロセスなどを動物モデルや組織培養系を用いて研究を進めている。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email: ishigaki@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

教授

  • 石垣 靖人 150x0

特任教授

  • 田中 惠子

講師

  • 村上 学

研究医(員)

  • 辰野 貴則

主な研究業績

部門別研究業績

  • Tanaka M, Tanaka K. Anti-MOG antibodies in adult patients with demyelinating disorders of the central nervous system. J Neuroimmunol. 2014 May 15;270(1-2):98-9.
  • Tsutsui K, Kanbayashi T, Tanaka K, Boku S, Ito W, Tokunaga J, Mori A,
    Hishikawa Y, Shimizu T, Nishino S:Anti-NMDA-receptor antibody detected in encephalitis, schizophrenia, and narcolepsy with psychotic features. BMC Psychiatry 2012,12:37
  • Zhang Q, Tanaka K, Sun P, Nakata M, Yamamoto R , Sakimura K , Matsui M , Kato N:Suppression of synaptic plasticity by cerebrospinal fluid from anti-NMDA receptor encephalitis patients Neurobiology of Disease 45 (2012) 610–615
  • Ishigaki Y, Nakamura Y, Takehara T, Shimasaki T, Tatsuno T, Takano F, Ueda Y, Motoo Y, Takegami T, Nakagawa H, Kuwabata S, Nemoto N, Tomosugi N, Miyazawa S: Scanning electron microscopy with an ionic liquid reveals the loss of mitotic protrusions of cells during the epithelial–mesenchymal transition. Microsc Res Tech, 11:1024-1031 (2011)
  • Ishigaki Y, Li X, Serin G, Maquat LE.: Evidence for a pioneer round of mRNA translation: mRNAs subject to nonsense-mediated decay in mammalian cells are bound by CBP80 and CBP20, Cell, 106(5):607-617 (2001)

主な外部研究資金

  • 平成23〜25年度 文部科学省研究費 基盤研究(C),課題番号 23500455
  • 平成24〜26年度 厚生労働科学研究補助金
  • 2011, 経済産業省,平成23年度戦略的基盤技術高度化支援事業,動脈硬化の予防&改善効果を有する機能性食品の開発(分担)
  • 2008, 科学研究費補助金 基盤研究(C),疑ウェルナー症候群の病態解明   
  • 2005, (財)住友財団研究助成金, 最初の翻訳は細胞のどこで起こるのか?