総合医学研究所 生命科学研究領域分子腫瘍研究分野Division of Molecular Oncology and Virology

JapaneseEnglish

研究室HP

分子腫瘍研究分野画像

遺伝子の発現と維持にかかわる分子機構と、その破たんによる疾患解明がテーマであり、特に核酸に結合して様々な代謝経路に働く因子群について、細胞あるいは複合体内局在解析から遺伝情報の発現あるいは維持にかかわる分子機構の解明を目指している。電子顕微鏡や共焦点レーザー顕微鏡、リアルタイム顕微鏡観察などの形態学的解析とともに、網羅的な遺伝子解析やタンパク質間の相互作用の解析を組み合わせて研究を進めている。

また、本研究分野では、様々なマウス系統や実験動物に由来する多能性幹細胞を実験系として用いて、ヒトを含めた哺乳動物全般における多能性幹細胞の自己複製機構を明らかにすることを目指している。この成果は、特に医学分野ではiPS細胞を用いた再生医療研究の基盤技術の確立に発展することが期待できる。これらに加えて、発生工学や遺伝子改変技術を駆使した遺伝子改変動物の共同開発を学内外の研究グループと行っており研究支援部門の役割も担っている。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email: ishigaki@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

教授

  • 石垣 靖人 150x0

講師

  • 大塚 哲

助教

  • 辰野 貴則

主な研究業績

部門別研究業績

  • Ohtsuka S, Futatsugi-Nakai Y, Niwa H. LIF signaling in mouse embryonic stem cells. JAK-STAT: 4:1-9. (2015)
  • Ohtsuka S. and Niwa H. Differential activation of intracellular signaling pathways confer the permissiveness of embryonic stem cell derivation from different mouse strains. Development 142:1-7. (2015)
  • Ohtsuka S, Nishikawa-Torikai S, Niwa H. E-cadherin promotes incorporation of mouse epiblast stem cells into normal development. PLoS One. 7:e45220. (2012)
  • Ishigaki Y, Nakamura Y, Takehara T, Shimasaki T, Tatsuno T, Takano F, Ueda Y, Motoo Y, Takegami T, Nakagawa H, Kuwabata S, Nemoto N, Tomosugi N, Miyazawa S: Scanning electron microscopy with an ionic liquid reveals the loss of mitotic protrusions of cells during the epithelial–mesenchymal transition. Microsc Res Tech, 11:1024-1031 (2011)
  • Ishigaki Y, Li X, Serin G, Maquat LE.: Evidence for a pioneer round of mRNA translation: mRNAs subject to nonsense-mediated decay in mammalian cells are bound by CBP80 and CBP20, Cell, 106(5):607-617 (2001)

主な外部研究資金

  • 平成25〜27年度 文部科学省研究費 基盤研究(C),課題番号 25460376 「神経幹細胞における新規中心体制御機構の解析」石垣靖人(代表)
  • 平成28〜30年度 文部科学省研究費 基盤研究(C),課題番号 16K07104 「転写因子Tfcp2l1を介した129系統マウスES細胞の安定な自己複製機構」大塚哲(代表)